話が聞き取りづらいと言われたら

「話が聞き取りづらい」と言われたらまず試すべきこと【話し方改善】

「話が聞き取りづらい」と言われたら

話が聞き取りづらいと言われたら

「話が聞き取りづらい」と言われたらまず試すべきこと【話し方の改善】
こんにちは。ひかるです。むかしよく言われたんですが、「ひかるの声は聴きとりづらい…」もごもごとこもった感じの話し方だったみたいなんです。

皆さんの周りにもよく話すんだけど聞き取りづらい…と言う人いませんか?もしかしたらこのブログを見つけてくださったあなたもそういわれたことがあるかもしれません。

理由は「こもった声になること」

聞き取りづらい話し方をする人の原因の一つは次の特徴です。
・口があまり動かずもごもごとこもった声になる
あなたも当てはまるでしょうか?もし友人や人から「話が聞き取りづらい」と言われた経験があるなら話し方の改善のためにぜひこの方法を試してください。割とすぐに成果が出はじめるはずです。とはいえ、継続して続けて頂ければ確実にご自身のものとなり、もうだれもあなたの言葉を聞き取りづらいとは言わなくなります。

行なうべき練習は「単語を意識する」

行なうべき練習は「単語を意識する」

【単語を意識する】話(ことば)を相手にはっきり伝える為の秘訣は一つ一つの単語を意識して話すことです。会話は一連の文章で成り立っていますが、分解すると単語の連続です。その単語一つ一つをしっかりと丁寧に相手に伝えることを意識するだけで聞き取りやすさは大きく変わってきます。最初は練習として何か本か新聞を声に出して朗読してみてください。その際に、一つ一つの単語を区切りながら丁寧に読んでみましょう。始めのうちはたどたどしく違和感を感じるかもしれませんが同じ文章を繰り返し行って行くと慣れてくるので単語の区切りの間隔が短くなっていくようになります。数回、十数回同じ文章を繰り返し読んでいくとかなり流ちょうに話せるようになります。注意するべきなのは慣れてきたときに単語と単語を意識するのを忘れて一気に文章をつなげて読んでしまわないようにしてくださいね。
単語一つ一つを区切って読むのはあくまでも、練習の時だけです。普段話をする時にはそれほど意識しないで会話をしてみましょう。練習で単語を意識する事が見につけば普段の会話もはっきりと、聞き取りやすくなっていきます。

必ず結果はついてきます

私も若いころこの話し方の改善方法を試してみました。そのおかげで今では案内係として私の話し方が皆さんのお役に立っています。
皆さんも「聞き取りづらい」と言われた経験があったらぜひお試しあれ~

HIKARUBLOG 高志ひかる

HIKARUBLOGについてはこちら

タグ: , , ,

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です