これからカメラ始めたい!初心者向けカメラ本紹介「カメラ始めます!」

2020/7/23更新

こんにちは。
高志ひかるです。
最近私の周りにもカメラを始めてみたいなぁ。という方がちらほらいまして。

スマホ全盛のこの時代にカメラに関心持ってくれる人がいるのは個人的にめちゃくちゃ嬉しい限りです。

よくおすすめのカメラは?って聞かれます。
聞かれたら各メーカーや種類の違いや特徴はお伝えしてますけどね♪
でもね~…最近のカメラはどれも優秀ですからねぇ。
もちろん個人的におすすめのカメラはありますけど…
初心者、趣味、今から始める~♪って方は…
お店で手に取ってみて
これ好き!
ってのが一番いい気がしますね。


そのうえで、このカメラってどうなの?って聞いてくれると。
特徴とか伝えやすい(;^_^A

前置き長くなりましたけど、カメラ始めます~って方や
カメラ始めたい~という方が最初に読むといいなぁ!
という本を紹介します。

その名もずばり!
「カメラはじめます!」
著者は、「こいしゆうか」さん
監修が鈴木知子さんというカメラマン

マンガで解説してるのでめっちゃわかりやすいです。
カメラ選びから始まると思いきや、いやいやカメラを始める動機から始まるんです(笑)

この本のいいところはほかの初心者用の本にありがちな、
ぼかしたいなら設定はこう!
とか
まずはこれだけはそろえよう!
とか
難しい専門用語が最初は一切出てこないこと。

そしてメーカーの協賛とか無いみたいで…
特定のメーカーのカメラについて推してこない!
「どんなカメラがいいんだろう?」ってお店に行く場面があるんですが…
「高い方がいい写真撮れるんでしょ?」という主人公の問いに
「関係ないですね!」と言い切ってる!

僕もカメラ始めて4~5年たちますが、今でもこの本時々読み返してます。

あと、作者が女性なのでカメラへの向き合い方がいいですね。
男性目線だとどうしてもメカニカル、メカニカルになりがちですが
この本は、「あー、こんな写真撮りたい!ねぇねぇ、どうやるの?」
というふわっとした表現が多くてものすごい共感しますね

しかも基礎的なことはしっかり身につくように書いてあるのに
いわゆる作例写真(これもなんかふわっとした表示なんですよね)に細かい設定は一切書いてない(笑)
よくある本だとF値は〇〇、シャッタースピードは◇◇、ISOは△△△ っていっぱい書いてあること多いですけど…
この本は「数字を大きくする」とか「ざっくり〇〇〇位で撮ってみる」とか
とにかく写真を撮ることへの敷居が低い低い!

表紙にも書いてあるんですけど、
この本読んでカメラ持って出かけたら
間違いなく「カメラが好きになっちゃった!」
となりますね~

カメラを始めたいと思ってる方、ぜひ手に取って読んでみることをおすすめしまーす。

「カメラが好きになっちゃった!」著者 こいしゆうか  監修 鈴木知子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA